安心して暮らしたい!

2006年6月9日 02時17分 | カテゴリー: トピックス

シンドラー社のエレベーター事件に関連して思うことがあります。
 
 調査が進んで、シンドラー社のエレベーターを使っているところが明らかになるにつれ、圧倒的に自治体関連が多いということが最近の日本の流れ(多少は大げさであるとしても)の危うさを実感せずにいられません。

 聞くところによれば(告発者の保護のためネタ元はあかせませんが)、シンドラー社のエレベーターは他社に比べるとかなり値段が安いそうです。
自治体で競争入札をする場合、その第1条件として値段をいうならば、たとえどんなに粗悪なものであっても、入札があれば受け入れないわけには行かない、というのが現状ではないでしょうか。

 反対のことも言えます。区有財産を売るときに一般競争入札で、一番高い額を提示したところがあって、そこに決めたら、実は・・ということは豊島区では実証済みです。

 このことは指定管理者制度についても、すでにほころびがみえていると感じることも多くあります。

 税金を使うのを抑えることはもちろん大事ですが、それによって、サービスの低下があってはならないわけですし、まして死んでしまっては元も子もありません。それについて、わたしたちがこの先どうして行けばよいか、については、これから多くの人たちから意見をいただきたいと思っています。