豊島のこれからを考える集い

2007年2月4日 17時20分 | カテゴリー: トピックス

1月27日コアいけぶくろに水谷泉を囲んで市民が集いました。

 まずはじめに、海外でも活躍されている大道芸の家元、鈴南玉恵さんの南京玉すだれが会場を和ませ、いつもの生真面目な雰囲気とは少し違ったにぎやかなオープニングでした。
 次に生活者ネットワークの練馬区選出の都議会議員山口文江から、地域にこだわり、地域に暮らす人の声を政策にする生活者ネットワークが今こそ必要であること。議会に市民の声を届け、市民が参加できる議会を常に目指していることと地域で必要な仕事を作り出すことなど、生活者ネットワークがこれまでやってきた活動をさらに進めましょうとの励ましの言葉がありました。
 さらに、市民グループの代表の方々からは、食、環境、精神保健福祉、子ども、などをめぐる活動を通して生活者ネットワークと水谷泉を応援したいと期待の表明があり、初めて投票する新成人から生活者ネットワークを通しての政治参加へ抱負の発表がありました。
 最後に水谷泉がこれまでの成果とこれからの政策を発表し、これからも情報を発信し、市民と政治をつなぎ、ネットの政治を進めることを約束しました。