都民投票直接請求署名数について(最終版)

2012年4月28日 18時19分 | カテゴリー: トピックス

 前回のこのページで”豊島区の無効署名割合が23区で2番目に多い”、と報告したのですが、最終版によると、なんと23区最大だったことが判明しました。

 速報では1位だった渋谷区の最終無効割合は9.04%で豊島区は9.72%でした。(無効筆数は変わらず)
 24日から署名簿の縦覧をしていますが、受任者のちょっとした見落としで残念ながら無効になってしまった署名も少なくないのが現状です。

 国民の権利として認められているとはいえ、これまでほとんどの方が意識したこともなかった”直接請求”。これまでの署名とは全く違う生年月日や印鑑までも必要とする厳密な署名を集める任を負った”受任者”の方々。「直接請求を成功させる会」としてもこの受任者になる方々への説明も十分であったとは言えない中での2か月でしたが、とにもかくにも法定目標数を超える署名を集め、直接請求にこぎつけました。

 5月10日に東京全体で集めた署名簿を東京都に運び込みます。この日の運び込み後には記者会見を予定しています。
 メディアに取り上げられることが少なかった原発都民投票直接請求ですが、条例可決に向けてはこれからまだまだ活動が必要です。