2020年度 総会終了しました。

例年、3月に開催していました豊島・生活者ネットワークの総会ですが、代理人の離脱申し出、年頭より予定していた4月の事務所移転、および新型コロナウイルス感染症の影響で開催が遅延し、本日、5月30日(土)に「書面議決」の形で開催しました。

結果、全ての議案が可決され、採択された2020年度活動方針に沿って活動を進めていきます。

豊島・生活者ネットワーク活動方針 

1. 運営委員会

  • 時代に即した生活者ネットワークの活動を話し合います。
  • 豊島ネットの財政立て直しのために、事務所を移転、人件費、会費を見直します
  • 新事務所を「スペース20にいまる」として多くの市民の方の集う場にします。
  • 豊島区・生活クラブ運動グループ地域協議会と連携します。
  • 原則として月1回、運営委員会を開きます。

 

2.政策委員会

  • 生活者による政策づくりができるしくみを模索します。
  • 豊島区の政策チェックを行います。
  • 都政、国政について積極的に意見交換します
  • 調査活動、議会対策、質問づくりには他団体とも連携し、積極的に取り組みます。
  • 広報委員会
  • 豊島・生活者ネットワークレポートを発行します。
  • ホームページの更新、facebook等により、広く情報を発信します。
  • おおぜいの生活者の意見を聞く場を作っていきます。

4.会員拡大

  • 会員が責任を持って運営に関わるために、会費の値上げをします。

年2500円から5000円(内東京ネットへ2000円、含む生活者通信購読料1000円)

賛助会員は年3000円から6000円(内、生活者通信購読料1000円))

  • 会員の拡大と交流に努めます。

☆分野別活動

「ひとりにしない子育て、介護、くらし」の実現のために生活者の視点で活動します。

◎豊島区に暮らす人の実態について学びます。

◎福祉(女性、子ども、障がい、高齢者分野を含む)

○人権を重視し、各福祉団体と連携していきます。

◎環境

○羽田空港増便計画による豊島区上空低空飛行ルートに関して、さらなる情報公開と区民の安全

安心を求めていきます。

○ごみ・資源循環の問題に取り組みます

○緑を増やす活動に取り組みます。

○脱原発の視点から自然エネルギーの推進をめざし、具体的な活動をすすめます。

○食の安全の問題に取り組みます。

○公共施設の石けん利用にいっそうの働きかけを続けます。

◎防災

○防災に関する活動を続けます。

◎その他

○憲法を学ぶ機会を設定し、広く呼びかけます。

〇平和を守る活動をします。