都議会議員選挙が終了

東京都議会議員選挙が行われ、東京・生活者ネットワークは「今こそ東京を生活のまちへ」と訴えさせていただき、3人が立候補しましたが、結果は1→1と現有議席を確保に終わりました。

北多摩2区は、9期36年間3人の議員で守ってきた議席を岩永やす代さんにバトンタッチしました。

豊島ネットは杉並から立候補した小松久子さんの応援に入りましたが、残念ながら次点に終わりました。

今回の結果で、都議会議員127人中、女性は41人とやっと3割を超えましたが、生活者ネットワークが掲げる「議会の半分を女性に」には届いていません。

また、投票率が大変低く終わりました。42.39%と有権者の半分以下の人しか投票に行かれませんでした。

誰に入れても変わらないと思われてしまっているのでしょうか。

もっと、政治を身近なものに、もっと選挙を魅力あるものに!

政治を生活の道具として使いこなすために、まだまだ道半ばです。